トイプードルの噛み癖を直す方法

 

なぜ、トイプードルの噛み癖がついてしまったのか?

 

トイプーの噛み癖を直すしつけ方

 

私のトイプードルは子供の頃から甘噛みがひどくて困っていた上に、しだいにエスカレートしているように 感じました。
でも、この「甘噛」はけっして飼い主の私に甘えているのではなかったのです。

 

小さい頃の「甘噛」を、私に甘えている行動だと勘違いして放置しておいたのが、飼い主にも噛みつく原因の一つでした。

 

本来、犬は群れで生活する動物でした。その群れにはリーダーがいて、群れの中の犬たちはリーダーの命令に従って生活していたのです。
そうして、群れの中の犬同士でも、上下の序列がはっきりとしています。

 

ペットとなった現在の犬も、そのような野生の本能が残っていて、上下の序列を作りたがる習性と、リーダーには従順に従うという習性があるのです。

 

犬の社会は完全タテ型です。このタテ型の上下関係が、「主従関係」なのです。
犬は本能として上位の者にしか信頼を抱きません。

 

 

 

トイプードルの甘噛は、序列を確認する行動です

 

トイプードルのしつけ方

トイプードルの子犬がよくやる飼い主に対する甘噛は、飼い主に甘えている行為ではないのです。また、歯や歯茎がかゆいからでもありません。

 

これは序列を確認する行動で、子犬であれ、この甘噛を黙認すると、子犬は飼い主のあなたより自分が上位の立場だと思ってしまいます。

 

この甘噛を放置しておくと、飼い主のあなたの命令は聞かなくなり、さらに気に入らないことがあると本気で噛み付いてきます。

 

ですから、子犬のころから、犬の本来の習性を理解し、正しいしつけをおこなわないといけません。

 

 

 

あなたと「主従関係」が出来ていないと「しつけ」はできません

 

犬にしつけを行う際に、最も重要なのが飼い主との主従関係です。
もちろん、主人が「飼い主のあなた」で、従うのが「愛犬」です(笑)。

 

あなたの愛犬が、飼い主であるあなたや他の人に噛みつくのはこの立場が逆転しているからなのです。

 

そこで、愛犬との主従関係を築くために最も重要な「しつけの方法」があります。

 

 

 

あなたと愛犬との「主従関係」をつくる方法とは?

 

主従関係とは、飼い主のあなたが主導的な立場で犬をリードし、犬は飼い主に対して従属的であるという関係です。

 

このような関係をつくるのが「しつけ」なのです。

 

では、具体的にどのような方法で「しつけ」を行うのかというと、

 

犬と歩く時に、常に飼い主であるあなたの主導で散歩する「しつけ」方法です。
これにより、常に飼い主であるあなたがリーダーであることを愛犬に教えていきます。

 

犬と散歩する場合、 愛犬が主導になっていると、愛犬はどんどんわがままになり勝手な行動をとるようになります。

 

例えば、引っ張り癖、拾い食い、どこでもオシッコをしてマーキングするなどの問題行動を起こします。
散歩で「犬に引きずられている」「犬が寄り道ばかりしている」場合は、このしつけを行う必要があります。

 

 

また、愛犬を後ろから抱きかかえることや、鼻面、口などを押さえ、ここを支配する「しつけ」を行うことで服従性が高まります。
これにより、愛犬の体のどこをさわっても抵抗しないようになります。

 

これができると、 動物病院やトリミング、薬を飲ませる、歯磨き、耳かきやツメ切りなど、愛犬も不安をおぼえること無く、楽にできるようになります。

 

 

 

犬がベッドで寝たがるのは、愛犬が「自分の方が偉い」と思っているからです

 

トイプードルのしつけ方

あなたのトイプードルは、あなたのベットで寝ていませんか?

 

しかし、愛犬を可愛がり過ぎて、犬を擬人化してははいけません。
犬は犬として扱はないと、ますますあなたの愛犬は、あなたの言うことを聞かなくなります。

 

犬があなたのベッドに寝たがるのは、「自分がこの家のボスだ」と主張している行動です。
そんな状態では、あなたの愛犬は「この家では自分が一番偉く、飼い主は自分の子分だ」と思い込むようになります。

 

犬は、もともと集団生活をしてきた動物です。集団生活をする動物には必ず順位があります。
そうして、それらの動物の縄張りの中で最も快適な場所は、その群れのボスが使うのが決まりなのです。

 

ですから、柔らかいベッドに愛犬が潜り込むようになったら、あなたの愛犬が、この場所のボスは自分だと主張しはじめているサインです。

 

また、ベッドだけでなく、ソファーやテーブルなど、床より高い位置にある物に上がりたがる行為も同様です。
例えば、ニホンザルの群れをみれば、ボス猿はサル山の一番上に居ます。
群れで生活する動物のボスは、高い所に陣取っているものです。

 

このような行為を愛犬がしたら、毅然とした態度で「ハウス」と言い、ワンちゃんの寝床に戻すようにしてください。

 

これを放置しておくと、ますます、あなたの愛犬はあなたの言うことを聞かなくなります。

 

どんなに可愛いあなたのトイプードルでも、あなたが御主人であることをしっかりと教え込むことが大切です。

 

 

 

愛犬とあなたの主従関係をつくる「しつけ」の方法を解説

 

私のトイプードルは、噛み癖をはじめ私の命令を聞かなかったのですが、この「藤井聡が教える犬のしつけ」をみて、その通りに「しつけ」を行なうと、短期間で従順な愛犬になりました。

 

この藤井聡さんは、「犬のしつけ」に関する多数の著書もあり、テレビにも出演している方です。

 

藤井聡さんの「しつけ、訓練」方法は、犬の本能的な部分をよく理解していて、そこから「しつけ、訓練」をしていいくので、犬へのストレスも無く、むしろ犬は喜んで「しつけ、訓練」を受けるようになります。

 

また、これまで犬の「しつけや訓練」では常識といわれていたが、本当は「間違い」だったという事も解説されています。

 

愛犬の「しつけ」に悩む人にはオススメです。

 

 

トイプードルのしつけ方